見出し画像

内製化のメリット・デメリットとは?柔軟に業務を回す&費用を抑える方法を解説!

こんにちは。スキイキ広報担当です。

シルバーウィークで連休を取っている方も多い時期ですが、10月から始まるプロジェクトの立ち上げタイミングと重なって動き回っている場合もあるでしょう。

そこで、今回は「内製化と外部委託」に関して取り上げます。

プロジェクトの体制を整える際、全て社内の人材で行うか、あるいは外部委託するか迷うシーンもあるでしょう。

企業の経営戦略として、「選択と集中」を押さえ、自社が本当にやらなければならない業務を内製化し、それ以外の業務を外部委託する流れが一般的ですが、各企業の進む方向性によっては内製化しない方が良いケースもあります。

本記事では、内製化のメリット・デメリットを整理しながら、自社に合うプロジェクト体制作りのヒントを解説していきます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

💡『スキイキ』とは…
マイナビが運営する、フリーランス・副業人材と企業をつなぐマッチングプラットフォームです。
専門性の高いスキルや経験を持つプロフェッショナルと必要業務に絞り協働関係を築くことで、企業が抱える人材・ノウハウ不足の解決をサポート。
両者の出会いを通じ、個人には活躍とキャリア形成の機会を、企業には変化の激しい時代にあった柔軟なチーム作りのカギを提供します。

そもそも内製化とは?業務効率化とコストという2つの視点

内製化とは

「内製化」とは、従来外部に委託していた業務を、自社内で行なうように切り替えることを指します。また、新たに生まれた業務などを「外部に委託しない」こと自体を内製化と呼ぶケースもあります。

内製化の目的

内製化を検討する場合、目的として挙げられるのは以下の2点です。

【目的①】業務効率化
自社の状況を熟知した人材が全ての業務を行うことで、イレギュラーな業務が発生した際にも対応できるため、結果的に業務効率化に繋がることが期待されます。また、社内で業務が完結しているため、業務フロー改善もしやすくなるでしょう。

【目的②】経費削減
社内リソースで業務対応することで、専門性のある業務やイレギュラー業務を外部に委託する際に発生していた追加費用などを削減できると考えられます。


柔軟さが魅力!内製化の4つのメリット

内製化のメリットを見ていきましょう。

内製化のメリット

1つめは、【コスト削減】
既存業務を内製化する場合には、外部委託費用が不要になりますし、新規業務を内製化する場合にも別の部分に費用を充てられます。社内リソース分のコストが増える可能性がありますが、外部委託先で発生する利益分のコストは削減できると考えられます。

2つめは、【ノウハウの蓄積】
社内で業務が完結するため、課題が発生した場合も、社内で解決する必要があります。その結果、実務の中でわかる知識やノウハウが自然と社内に蓄積されるため、長期的に見て大きなメリットになると言えます。

3つめは、【スピーディーに対応可能なこと】
外部委託の場合は、イレギュラーな業務が発生した時に対応が遅れてしまうケースや、対応時間外に発生したトラブルに対応できないというケースもあります。内製化していれば、社内で連携を取りながら対応できるため、スピーディーな動きが可能となります。

4つめは、【機密情報や個人情報漏洩のリスクが低いこと】
外部委託する場合には、情報も委託先に共有する必要があります。委託先の情報管理に関してもリスクを負うことになるため、内製化することで情報漏洩のリスクが下げられるとも考えられます。


スピード感と負荷が課題!内製化の3つのデメリット

デメリットも合わせて見ていきます。

内製化のデメリット

1つめは、【内製化に転換する際に運用コストが発生すること】
業務に必要なツールやサービスを導入するため、継続的にコストが発生することがあるので、初期投資がどのくらい必要かを確認しなければなりません。

2つめは、【業務に対応するため人材を採用する必要があること】
業務量が増えたり、業務領域が広がったりするため、新たに人材を採用して、担当者をつける必要があります。そのため、採用活動を実施しなければならず、人材を見つけるまでに時間がかかってしまうケースがあるので注意が必要です。

3つめは、【人材育成・研修が必要で時間がかかること】
人員が足りていたとしても、新しい業務に取り組むには研修を行ったり、知識を習得したりする時間が必要です。そのため、実際に業務が軌道に乗るまでに時間がかかったり、その期間の業務効率が下がってしまう場合もあります。

4つのメリットがある反面、デメリットも存在する「内製化」。プロジェクト体制を整えるにあたり、良い部分だけを取り入れられないかと考える方は多いと思います。以下でポイントと、既存の考え方とは少し異なるアプローチを解説します。


内製化の判断基準を解説!良いとこ取りの外部人材活用も選択肢の1つ?

内製化か外部委託かの判断ポイント

内製化か外部委託かを判断する際には、3つのポイントで自社の状況を確認してみましょう。

【ポイント①】コスト面
外部委託費用と、内製化によって増加する人件費や設備投資額、人材育成コストを比較。外部委託費用を削減したいという目的が叶うのかどうかを確認してみることが大切です。

内製化によって社内リソースを増やしたり、設備を購入したり、研修などを行ったり、案外費用がかかる場合もあるので、注意しましょう。

【ポイント②】業務継続性
短期的な業務か長期的な業務かを比較検討。短期的な業務であれば、運用フローの整備までに時間をかけても、すぐに終了してしまうので労力の無駄になってしまいます。そのため、業務がどのくらい継続するのか、運用フローを整える期間を入れても業務効率化に繋がるものなのかを確認しましょう。

【ポイント③】内製化の範囲
どの部分まで内製化すればメリットが得られるかを検討。内製化する領域を明確にすることで、メリットが大きいのかデメリットが大きいのかを比較することができます。自社のコア業務と関わる部分なのかどうかも合わせて確認してみると良いでしょう。

外部人材活用という1つの選択肢

内製化を検討する中で、メリット・デメリット両方あり、悩む場合も少なくありません。そこで、内製化のメリットを残しつつ、課題をカバーできる方法として、プロ人材の活用が挙げられます。

プロ人材とは、フリーランスや副業など経験豊富な外部人材のことですが、外部企業への委託とは異なり柔軟な対応が可能です。

内製化の課題となる人材育成ですが、専門スキルを既に持っているプロ人材は即戦力として活用可能なので、すぐに業務に取り掛かれます。また、プロ人材と協業する形のため、専門スキルを社内に取り込めるというメリットもあります。

加えて、正社員の場合は採用活動に時間がかかるケースがありますが、スキイキのようなマッチングプラットフォームなども活用することで、比較的早期に人材を見つけることもできるでしょう。

プロ人材の活用についてははじめての外部人材活用ガイドブックで紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

🎁【無料DL可】『はじめての外部人材活用ガイドブック』でできること!
"案件増加に対応するための即戦力確保""コア社員の業務効率化"など、様々な企業が抱える人材課題の解決のヒントとしてご活用いただいております!ぜひダウンロードしてみてください✨

* * *

いかがでしたか。
内製化するか、外部委託するかは、経営層・マネージャーにとってよくあるお悩みだと思います。今回ご紹介した3つの基準で比較検討すると同時に、場合によってはプロ人材を活用しながら業務効率化を測ってみてはいかがでしょうか。

内製化に限らず、人材活用をより効果的に行うための相談も行っているので、ぜひ以下から問い合わせてみてくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!