【組織論】変化に強いチームの作り方。ビジネスに”レジリエンス”が求められる理由
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【組織論】変化に強いチームの作り方。ビジネスに”レジリエンス”が求められる理由

こんにちは!スキイキ広報担当です。11月半ばに差し掛かり、秋から冬へと移り変わっていくのを感じますね。

さて、今回は「変化に強いチーム作り」について取り上げます。
近年、AIをはじめとする技術の進展、少子高齢化の加速、グローバリゼーションの拡大などにより、社会・経済環境が目まぐるしく変化しています。
また、テレワークの普及や副業・兼業などの働き方の多様化により、企業や組織のあり方も変わり、チーム内でのコミュニケーションに課題を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そのような状況下、最近では心理学・ビジネス・組織論など幅広い領域において「レジリエンス」という言葉を見かけるようになりました。

本記事では、逆境を乗り越えるための力「レジリエンス」の重要性のほか、強い組織の作り方についてご紹介します。

”業務環境の変化”によって注目されるようになった「レジリエンス」とは?

そもそもレジリエンスresilience」には、「復元力・回復力・弾力」という意味があります。心理学用語では「精神的な回復力・抵抗力」という意味で使われており、ビジネス領域にも広がってきました。
個人が困難やストレスフルな状態に適応する、あるいはその状態から回復する過程やその能力を示すほか、組織においては複雑かつ変化する環境下での適応力を表す言葉として知られています。

この言葉が注目されるようになったのは、自然災害やリーマンショック、新型コロナウイルス感染拡大といった、予測できない出来事が次々と起こり、企業としても対応を迫られていることが背景にあります。

特にコロナ禍に入ったことでテレワーク中心の職場環境となり、組織のあり方が変化している企業が多くあります。それに伴い業務の進め方やコミュニケーションも一変したことで、従来のようなチームワークを発揮できず、戸惑っている方も少なくないでしょう。
Unipos株式会社が実施した「テレワーク長期化に伴う組織課題」の調査によると、テレワーク開始前と比較して「チームの生産性が低くなったと感じている(44.6%)」と回答している方が約半数に上ることが明らかになっています。

このように外部環境が変化する中で、競争力を維持していくためには、逆境や困難にぶつかってしまったとしても、柔軟に対応して乗り越えられる力が重要です。つまり、レジリエンスの高い組織体制を構築することが、各企業やチームでの課題になっているのです。


レジリエンスの高い組織の特徴は?「自律型組織」と「管理型組織」の違い

レジリエンスの高い組織とそうではない組織の違いを比べると、「自律型組織かどうか」がカギを握ります。自律型組織とは、従来の中央集権・ヒエラルキー構造の管理型組織に対して、権限や意思決定が分散し、メンバーが自主的に動く組織を指します。

このような自律型組織では、下記の3つが特徴として挙げられます。

【特徴①】メンバーの主体性

階層や管理業務がなく、各メンバーに権限があり意思決定を行えるため、チームの目標達成に向けて自発的に動くことができます。目標設定や各自の役割・業務などの重要な部分についてはコミュニケーションを取りながら決定されるため、当事者意識も強くなります。
特にテレワーク中心の働き方であったとしても、各自がセルフマネジメントを行なうことにより業務推進が可能で、生産性の向上につながります。

【特徴②】スピード感の早さ

各メンバーに権限移譲されているため、業務を進める上で都度リーダーの許可を得る必要がありません。そのため、柔軟に対応したり、必要であれば他のメンバーを巻き込みながら課題解決へ向けた動きをすることが可能です。
特に外部環境の変化が激しい状況下では、予期せぬ事態に対しても柔軟に、且つスピーディーに対応しやすいので、競争力を高めていけるでしょう。

【特徴③】協働する文化

目標達成のためには、他のメンバーとのコミュニケーションやチームワークが欠かせません。各自の業務が細分化していく中では、課題を発見し、解決に向けてお互いの強みを活かしながら協働することが重要です。
そのため、円滑なコミュニケーションが必要とされるため、特にマネジメント層のフォローや環境作りがポイントになってくるでしょう。


レジリエンスの高いチーム作りで押さえておくべきこと

ここからは、逆境や困難を乗り越えられるチーム作りをしていく際に、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

【ポイント①】レジリエンスの高い人材に参画してもらう

変化に強いチーム作りをするためには、個々のレジリエンスを高めることが重要です。つまり、既にレジリエンスの高い人材をチームに迎え入れることにより、他のメンバーの力も引き上げるという方法が考えられます。
具体的には、「自己効力感(セルフエフィカルシー)が高い」「自制心が高い」「貢献意欲が高い」人材です。

そのような特徴を持つ人材を見極める上では、面接などで過去の経験や実績について確認すると良いでしょう。
レジリエンスが高い人材は、失敗や困難に直面した場合でも、粘り強く業務に向き合い、成功に導いた経験があります。そのような成功体験があるからこそ、自分の行動によって結果を出せるという自信を持っていたり、新しいことにも積極的にチャレンジしたりすることができるのです。
また、前向きな発言も多く、周りを巻き込むコミュニケーション能力も高い傾向があります。面接の際には、きちんとした意思疎通が可能かどうかも人材を見定める判断材料となるでしょう。

【ポイント②】マインドセットを変える

従来の管理型の組織形態の場合、意思決定を行なうことに躊躇するメンバー、あるいは失敗を恐れてしまうメンバーも少なからずいるでしょう。また、マネジメント層も細かい指示を出してしまうことに慣れている方もいらっしゃると思います。
しかし、マインドセットを変えるためには、各自が主体的に取り組めるような環境整備を行なうことがポイントです。「失敗が許容される」「相談がしやすい」「お互いを尊重し合っている」というような「心理的安全性」が高いチーム作りを目指すと良いでしょう。

そのためには、1on1ミーティングなどでリーダーとメンバーが対話する時間を設け、個々が抱える悩みや将来思い描くキャリアなどについて話し合い、相互理解を深めることが重要です。一人ひとりが実現したいことや目標を考えることで、自主的にアクションを起こすことにつながり、パフォーマンスを引き出せると考えられます。

「心理的安全性」の高め方やチームのマネジメント方法については、過去記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

【ポイント③】チームの方向性を明確にし、個人目標を設定する

レジリエンスの高いチームでは、各メンバーが目標達成に向けて主体的に動きます。そのためにはまず、チームの目指すべき姿や方向性を明確にすることが大切です。それが曖昧であれば、各自の行動もバラバラになってしまうからです。
チームの方向性を決める際には、企業が定義しているパーパス(存在意義)やMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を押さえておくことがポイント。これらを理解することで、企業の方向性や価値観に沿って業務を進めることができます。

また、チーム全体の目標が定まったら、それを達成するために一人ひとりの目標にも落とし込む必要があります。きちんと目標を設定することで、個々の力を引き出しやすくしたり、適切な評価を行うことが可能です。
目標設定の際には、指標やその定量、期間など、数値として可視化できるようにするのがコツ。効果的な目標設定を行うための代表的なフレームワーク「SMARTの法則」を参考にすると良いでしょう。こちらは過去記事で解説しています。

このように、レジリエンスの高いチームを作るためのポイントを押さえながら、環境の変化に柔軟に対応できる人材へ育成したり、マネジメントを行なったりしてみてくださいね。

* * *


いかがでしたか?
先行きが見えない時代だからこそ、今後も外部環境の変化に対応するためには、逆境に強いチーム作りが求められます。レジリエンスの高いチームの特徴や、一人ひとりのパフォーマンスを高めるためのマネジメントの工夫を行い、チームビルディングに活用してみてくださいね。

ありがとうございます!ラブ! from コアラブ
プロの外部人材を活用した働き方実現に向け、事業やプロジェクトの悩みを持つ法人を応援する『スキイキ』公式メディアです。 スキイキの最新情報はもちろん、世間のトレンド、契約や取引のノウハウ、専門的な学びまで幅広くお届けします!