はたらき方のトレンド

15
固定された記事
チームマネジメントで仕事は変革できるか?無意識バイアスを理解して社内外の関係性を見直そう

チームマネジメントで仕事は変革できるか?無意識バイアスを理解して社内外の関係性を見直そう

こんにちは!スキイキ広報担当です。 今回は少しだけいつもより変わり種で、最近巷で話題になったトピックでもある「チームでのコミュニケーションのあり方」について取り上げたいと思います。 私たち『スキイキ』では、外部人材も、社内人材と同じようにチームとしてタッグを組み(=チームビルディング)、組織にとっても、そしてメンバー個々にとっても新たな働き方の実現していけるようにという想いも持って運営しています。そのためには、以下のコミュニケーションのコツ紹介記事でも紹介したように、立場や

スキ
10
伸び伸びと挑戦できるチーム作りのカギは「心理的安全性」だった!
+8

伸び伸びと挑戦できるチーム作りのカギは「心理的安全性」だった!

こんにちは!スキイキ広報担当です。 9月半ばを迎え、だんだんと涼しくなってきましたね。 さて、今回は「心理的安全性」というテーマをピックアップします。 Google社が「心理的安全性が高まると、チームのパフォーマンスが向上する」ということを発表したことをきっかけにビジネスの現場でもこの言葉が使われ始め、重視する企業も出てきました。 特に近年、フリーランスや副業など人材形態が多様化し、異なるバックグラウンドを持つメンバーが協働する機会も増える中、個々が能力やスキルを発揮する

スキ
6
コンフォートゾーンを抜け出して、人も組織も成長するチームづくりとは?

コンフォートゾーンを抜け出して、人も組織も成長するチームづくりとは?

こんにちは!マイナビのスキイキ広報担当です。 ゴールデンウィークもいよいよ終わり、連休明けの仕事に早速取り掛かる方も多いかと思います。5月に入ると職場環境も落ち着き、いよいよプロジェクトの本格化に向けて動き出すことも増える時期ですね。 さて、今回はどのような環境下であれば人材が能力を発揮し、成長できるかというテーマを取り上げます。 前回の記事(↑)で、ミドルマネジメント層の業務効率化・生産性向上の手段として、外部人材の活用可能性について解説しました。ただ、実際に、社内外を

スキ
5