外部人材と企業の関わり方

26
固定された記事
マネジメント層こそ見直しを。私たちは50年以上前から語られる組織課題に今なお直面しているということ。

マネジメント層こそ見直しを。私たちは50年以上前から語られる組織課題に今なお直面しているということ。

こんにちは。スキイキ事業部の大山です。 感染症リスクがまた大きくなり始めつつ、いよいよ肌寒さも本格的にもなってきました。無理せず、リモートワークやおうち時間を活かして健康にも気を配らないとけません。 ということで、今回はそんな時間で楽しめる1冊をご紹介。特に経営層や管理職など、組織やチームをマネジメントする側の方にはおすすめの本だと思います。 私も社会人になってから、様々な会社や会社員の方と出会ってきました。 人間、成長に終わりは無いというようなことが叫ばれるように、 新卒

スキ
5
あなたの企業はコレだ!「企業文化」の4分類から見出す組織作りへのアプローチ
+4

あなたの企業はコレだ!「企業文化」の4分類から見出す組織作りへのアプローチ

こんにちは!スキイキ広報担当です。 9月に入りましたが、暑い日はまだまだ続きますね。 さて、今回は「企業文化」について取り上げます。 近年、社員の満足度や企業イメージの向上を目的に、組織独自の価値観や行動規範である「企業文化」を戦略的に醸成し根付かせていくための動きがよく見られるようになりました。 労働市場が流動的になってきている中、長期的に人材を確保・維持していくためにも、まずは組織に関わるメンバーが自社の文化に対する理解を深め、発信していくことがますます重要になっていま

スキ
6
顧客や従業員の”共感”を生む!これからの企業経営に欠かせない「パーパス(存在意義)」とは?
+4

顧客や従業員の”共感”を生む!これからの企業経営に欠かせない「パーパス(存在意義)」とは?

こんにちは!スキイキ広報担当です。 先日は少し涼しい日があったのも束の間、また暑い日が続いていますね。 さて、今回は「パーパス経営」について取り上げます。 近年、経営戦略やブランディングのキーワードの一つとして、「パーパス(存在意義)」という言葉が使われるようになってきています。その背景には、企業を取り巻くビジネス環境の変化があります。 急速な変化に対応するためには、各企業が様々なステークホルダーに働きかけながら新たな価値を生み出していくことを求められているのです。そういっ

スキ
6